建築倉庫ミュージアムについて

「建築倉庫」は、模型を『展示しながら保存する』新しい発想のミュージアムです。日本唯一の建築模型専門の展示・保存施設として、2016年春、東京・天王洲アイルにオープンしました。
建築模型には、建築家や設計事務所の思考のプロセス・建築文化の大切なエッセンスが込められています。そして、現代日本の建築はデザイン・技術ともに高い基準のクオリティをもつものとして世界の注目を集めています。空間いっぱいに詰まった棚に並ぶ模型作品の数々が、日本の建築文化のプラットフォームを形成していきます。建築文化を『見る・学ぶ・味わう』体験ができる新しいかたちのミュージアムが、「建築倉庫」です。

常設展のご紹介

建築倉庫ミュージアム常設展について

「建築倉庫」の常設展では、国内外で活躍する日本人建築家や設計事務所による建築作品の模型を、スタディから完成模型までさまざまに展示しています。各設計者の模型は棚ごとにまとまって保存・展示されているので、ひとりの建築家や設計事務所が手掛けるあらゆる建物の模型を一度に見渡すことができます。また、設計者や展示される模型は定期的に入れ替えが行われるため、訪れるたびに新しい模型作品を観ることができます。

収蔵庫そのものを展示する、新たな鑑賞体験

「建築倉庫」は、約450㎡、天井高5.2mの大空間に約100の棚が並ぶ、建築模型に特化した展示・保存施設です。「収蔵庫そのものを展示する」コンセプトのもと、棚の間を縫うように回遊しながら模型の数々を眺める今までにない鑑賞方法が、新しい体験をもたらします。

作品情報やキャプションは、タブレット端末で

設計者や建築作品の情報は、館内専用のウェブサイトからご覧いただけます。展示棚に設置されたQRコードをタブレット端末やスマートフォン等でスキャンすると、設計者のプロフィール、模型作品の竣工写真や図面等の情報にアクセスできます。

「展示」と「保存」を兼ね備えた環境づくり

「建築倉庫」は、以下のような、建築模型の「展示」と「保存」を両立した環境を保っています。

建築模型が映える照明計画

「建築倉庫」の棚が、一般の収蔵庫の棚と違うところは、照明です。棚ごとに照明が設置されており、建築模型に四方からライトをあてることで、模型の魅力を引き立てます。また、通路は棚に比べてあえて少し暗くすることで、「建築倉庫」の大きな空間に模型が浮かび上がります。模型にあてる照明はすべてLEDライトを採用、光線による退色や熱による変形を防ぎます。

模型にふさわしい保存環境の研究

模型にふさわしい温湿度を、一年を通して保ちます。また、より建築模型にとって最適な保存環境を各専門機関とも連携して研究します。また、火災が起きた場合にも作品に損傷を与えないよう、窒素性ガスによる消火設備を採用しています。

建築倉庫ミュージアムの
コンセプト

建築模型に特化した国内唯一の展示施設

建築模型は、設計者の思考プロセスを伝える重要な資料として、また完成度の高い彫刻作品としても評価されています。「建築倉庫」は、建築模型に特化した国内唯一の展示施設となります。

『ミュージアム』×『保存』の新たな試み

「建築倉庫」は、建築模型を広く一般に公開する『ミュージアム』であるだけでなく、模型専門の『保存』機能をもつ、新しいかたちのミュージアムです。建築文化の貴重な資料である模型にとって最適な保存環境を研究します。

建築模型の可能性を拓く

世界的にも、建築界やアート界におけるアーカイブの重要度は増しています。すでに注目を集めている近代建築の資料はもとより、現在活躍する建築家や設計事務所の模型がもつ文化的価値もますます高まっていくことでしょう。「建築倉庫」は建築模型の価値を、出展される方々や来場者とともに考えていきます。

日本の建築文化を世界に発信する

日本建築の模型の集積地である「建築倉庫」には、国内外から多くの建築ファンが訪れます。館内において実施する事業のほか、海外の文化機関と積極的に連携して日本の建築文化を普及するさまざまな事業を展開します。

東京に新たな文化エリアを形成する

「建築倉庫」のある天王洲アイルは、「天王洲アートウィーク」「TodaysArtJP」といった展覧会やイベントが多く開催される新たな文化スポットです。羽田空港からのアクセスも良く、今後更なる国際化が期待されています。

建築の未来を育む

建築文化の素晴らしさを広く周知するべく、定期的に企画展やイベントなどを開催、考える場を創出します。そして、建築を専攻する学生のみならず、建築の未来を担う子どもたちに向けた教育普及活動にも力をそそぎます。

一般社団法人日本建築文化保存協会のご紹介

当社団は、我が国の建築文化を保存・発展させていくとともに、その価値を日本及び国際社会に広く発信していくことを目的に設立されました。
これからの日本建築界を担う若手建築家の育成、建築模型を中心とした建築資料の保存・保管、広く一般への文化意識の醸成を行うため、建築倉庫ミュージアムの支援を中心とした活動を行っております。 一般社団法人建築文化保存協会

建築倉庫ミュージアムの運営について

「建築倉庫」は、一般社団法人日本建築文化保存協会が提唱、株式会社TY STOREHOUSEが運営しています。

「建築倉庫ミュージアム」
シンボルマーク

「建築倉庫」のロゴは日本デザインセンターの原研哉氏によるデザインです。