EXHIBITION

ル・コルビュジエ / チャンディガール展 –創造とコンテクスト-

2018.5.26-2018.7.16

ル・コルビュジエは近代を代表する巨匠建築家として知られています。そしてその活動は、彼が提唱した「近代建築5原則」が示す通り、合理主義的な考えと技術革新を伴って発展していく世界のイメージに根ざし、一つの普遍的論理が広く世界で通用するという信念に基づくと考えられてきました。

しかし、ル・コルビュジエが場所の環境や風景、また風土や文化など、計画にかかわるコンテクストに多くの注意や関心を払っていたことはあまり知られていません。特にチャンディガールをはじめとする晩年の作品群では、こうした関心が、彼の建築・都市デザインの直接的なインスピレーションの源となって、より複雑な全体の生成に寄与しています。

今回の展覧会ではル・コルビュジエの手によるチャンディガールでの作品群を例にとり、ヨーロッパから遠く離れたインドという異質の環境下における、ル・コルビュジエのクリエイションとその土地ならではのエレメントとの関係を考察します。展示では、貴重な建築資料や模型、建築家自身の手によるオリジナルスケッチや油彩画、リトグラフなどの美術作品に加えて、写真家ホンマタカシがチャンディガールで撮影した写真や映像作品を紹介します。こうした多種にわたる展示によって、ル・コルビュジエがそこで見聞きし、感じ、考え、そして表現しようとしたものを感じ取ることができると同時に、それらを通して、ル・コルビュジエ作品に宿る、近代思想をも超えようとする精神を垣間見る機会を提供いたします。

ル・コルビュジエ / チャンディガール展 –創造とコンテクスト-
Le Corbusier / Chandigarh -Creation and Context-

会期
2018年5月26日(土)〜7月16日(月・祝)

会場
建築倉庫ミュージアム(〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10)

開館時間
火〜日 11時〜19時(最終入館18 時) 月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)

入場料
一般 3,000円、大学生/専門学校生 2,000円、高校生以下 1,000円

主催
建築倉庫ミュージアム

監修
加藤道夫(東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系教授)
千葉学(建築家/東京大学大学院工学系研究科建築学専攻教授)
企画:東京大学大学院工学系研究科建築学専攻千葉学研究室

会場設計
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻千葉学研究室
吉⽥昌平(建築家/東京大学大学院工学系研究科建築学専攻研究員)

展覧会アドヴァイザリー
鈴木布美子

展覧会企画協力
アート&パブリック株式会社

協賛
CASAMATTA/BIBI GRAETZ、株式会社 東京スタデオ、株式会社 フレームマン、株式会社 脇プロセス

特別協力
大成建設株式会社

協力
Centre Canadien d’Architecture 、Echelle-1、Fondation Le Corbusier、GALLERY-SIGN、 TARO NASU、シファカデザイン

シンポジウム「ル・コルビュジエー都市への眼差しー」

登壇者
加藤道夫(東京大学大学院教授)、千葉学(建築家/東京大学大学院教授)、ホンマタカシ(写真家)

日時
6月2日(土)14時〜16時10分(受付開始13時30分より)

会場
寺田倉庫 T-ART HALL

定員
80名(事前申込、先着順)

参加費
1,000円

申込方法
5月1日(火)午前10時以降に、Eメールの件名を「6月2日シンポジウム参加希望」とし、

以下の必要事項をご記入のうえ、[info@archi-depot.com]へお送りください。

このアドレスからのメールを受信できるよう端末の設定をご準備ください。

(1)6月2日シンポジウム、(2)氏名(フリガナ)、(3)メールアドレス、(4)当日連絡のつく電話番号

*定員に達し次第、受付を終了いたします。
*複数名でのお申込みはできません。
*お申込みから3日以内に予約完了メールをお送りします。万が一3日を過ぎても返信が届かない場合は、お手数ですが下記までご連絡ください。
03-5769-2133(開館時間内のみ)

ギャラリートーク

日時
6月30日(土)11時〜11時30分

会場
展示室A

参加費
無料(事前申込不要、要当日観覧券)

解説
東京大学大学院千葉学研究室