EXHIBITION

ガウディをはかる – GAUDI QUEST –

2019.3.27-2019.6.30

5月7日(火)〜5月21(火)まで展示準備のため休館期間となります。



ガウディをはかる – GAUDI QUEST –

会期
2019年3月27日(水)~6月30日(日)
(2019年5月7日(火)~5月21日(火)の期間は休館)

会場
建築倉庫ミュージアム 展示室A(〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10)

開館時間
火〜日 11 時〜19 時(最終入館 18 時)月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)

入場料
一般 3,000円、 大学生/専門学校生2,000円、 高校生以下1,000円
(展示室Bの企画展示「Green, Green and Tropical -木質時代の東南アジア建築展」の観覧料含む。)
*障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料。

*それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご掲示ください。

【企画概要】
スペインが生んだ世界的建築家 アントニオ・ガウディは、模型とスケッチをベースに現場の職人と共に作品を築き上げてきたため、 その知名度にも関わらず、手がけた建造物の設計図面はほとんど残されていません。本企画展では、40 年に渡りスペインでガ ウディ作品の実測を行う実測家・建築家 田中裕也氏による実測図と考察を基に、ガウディ作品の魅力を解き明かします。今 回、日本初公開として田中氏の所蔵品より、5m を超えるサグラダ・ファミリアの壮大な鐘楼尖塔図、8 年の歳月をかけて完 成したグエル公園の実測図、テレサ学院のアクソメ図など、多数の実測図原版を展示いたします。 また、会場内に世界遺産としても知られるグエル公園の階段を 1/1 スケールで再現。来場者自らが実際に展示物を「はかる」 追体験をすることで、ガウディ作品に秘められた視覚矯正や身体スケールといった要素を学べるなど、実測の観点からガウディ建 築の世界を楽しめる展示構成となっています。

【本展の見どころ】
●サグラダ・ファミリア、グエル公園、カサ・バトリョ、カサ・ミラ、コロニア・グエル、テレサ学院の主要6作品の図面、計70点以上を展示
●8年の歳月をかけて完成したグエル公園の実測図
●5mを超えるサグラダ・ファミリアの壮大な鐘楼図 テレサ学院の実測図原図
●グエル公園の階段の1/1再現を用いた体験型展示
●実測によって推測された1/20グエル公園の高架模型

【アントニオ・ガウディ(Antoni Gaudi、1852-1926)について】
19~20世紀を代表する世界的建築家の一人。手がけた建築のうち、7件がユネスコの世界遺産に登録されている。代表作である。サグラダ・ファミリアはガウディ没後100周年となる、2026年の完成を目指し現在も工事が進められている。

【田中裕也氏について】

建築学博士、実測家。1952年北海道生まれ。1978年バルセロナに渡り、現在に至るまて40年ガウディ建築の実測図を描き続けている。2015年バルセロナ建築士協会主催の「田中裕也 作図展示会」を開催。スペインでその功績が高く評価され、バルセロナ日本総領事公官賞(2015年)、ガウディ・グレソール賞(2016年)、平成29年度アカデミア賞(2018年)を受賞。

企画
建築倉庫ミュージアム

主催
寺田倉庫 建築倉庫ミュージアム

協賛
株式会社 伸和工務店 Design field laboratory

協力
早稲田大学建築学教室本庄アーカイブズ、株式会社 トライアード

展覧会企画協力
渡辺瑞帆、小池周湖

グラフィックデザイン
関川航平

映像撮影
瀬尾憲司

EVENT