archi-depot

about

「建築倉庫=模型を展示しながら保存する』
新しい発想のミュージアム

建築模型に特化した国内唯一の展示施設

建築模型は、設計者の思考プロセスを伝える重要な資料として、また完成度の高い彫刻作品としても評価されています。建築倉庫は、建築模型に特化した国内唯一の展示施設となります。

ミュージアム×保存の新たな試み

建築倉庫は、建築模型を広く一般に公開するミュージアムであるだけでなく、模型専門の保存機能をもつ、新しいかたちのミュージアムです。建築文化の貴重な資料である模型にとって最適な保存環境を研究します。

建築模型の可能性を拓く

世界的にも、建築界やアート界におけるアーカイブの重要度は増しています。すでに注目を集めている近代建築の資料はもとより、現在活躍する建築家や設計事務所の模型がもつ文化的価値もますます高まっていくことでしょう。建築倉庫は建築模型の価値を皆さまとともに考えていきます。

日本の建築文化を世界に発信する

日本建築の模型の集積地である建築倉庫には、国内外から多くの建築ファンが訪れます。館内において実施する事業のほか、海外の文化機関と積極的に連携して日本の建築文化を普及するさまざまな事業を展開します。

新たな芸術文化エリアを形成する

建築倉庫のある天王洲アイルは、天王洲アートウィークTodaysArtJPといった展覧会やイベントが多く開催される新たな文化スポットです。羽田空港からのアクセスも良く、今後更なる国際化が期待されています。

建築の未来を育む

建築文化の素晴らしさを広く周知するべく、定期的に企画展やイベントなどを開催、考える場を創出します。そして、建築を専攻する学生のみならず、建築の未来を担う子どもたちに向けた教育普及活動にも力をそそぎます。

ARCHI DEPOT TOKYO
(2015.7.10-7.19)

ミラノ万博の開催期間中、ミラノ市営トリエンナーレデザイン美術館内で、隈 研吾氏、坂 茂氏など世界的に活躍する日本人建築家40人の建築模型展を開催しました。本展は、ミラノ市内にある万博関連イベントの主要会場である同館での、イタリア政府公式デザイン展の一部として開催され、10日間で5,000人以上が来場しました。

後援:国土交通省、経済産業省、在ミラノ日本国総領事館、独立行政法人国際交流基金、社団法人日本建築家協会、ミラノ工科大学

access

お問合わせ

建築倉庫

TEL: 03-5769-2133

E-mail:

開館情報

開館日:火曜日〜日曜日

(月曜日休 ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日休み)

開館時間:11:00-21:00(入館は閉館時間の1時間前まで)

入館料:一般 ¥1,000

高校生以下および18歳未満 ¥500

アクセス

東京都品川区東品川2-6-10
寺田倉庫本社ビル1F

東京モノレール天王洲アイル駅 徒歩5分

東京高速臨海鉄道りんかい線 天王洲アイル駅B出口 徒歩4分

JR品川駅港南口より徒歩15分

recruit

スタッフ募集

建築倉庫では、ミュージアム運営業務および館内業務(受付・看視等)のスタッフを若干名募集しています。
ご興味のある方は下記よりお問合せください。

E-mail:

©ARCHI-DEPOT 2016