EXHIBITION

Steven Holl:Making Architecture

2019.11.8-2020.1.18

会期
2019年11月8日(金)~2020年1月18日(土)

会場
建築倉庫ミュージアム 展示室A / 展示室B
(〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10)

開館時間
火〜日 11時〜19 時(最終入館 18 時)
月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)

入場料
一般 3,100円、 大学生/専門学校生2,000円、 高校生以下1,000円
*障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料。ご入館の際、障害者手帳等をご掲示ください。
*学生の方は、ご入館の際、学生証を拝見しております。忘れずにご持参ください。
*講演会のお申し込みはこちらで詳細ご確認ください。

【企画概要】
アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、
ニューヨークと北京にオフィスを構えながら精力的に活動を続けており、
世界中で多くのプロジェクトが進行しています。
ホールの設計の源は、毎朝描かれる水彩画であり、
愛用する5”x7”(約12.7cm×17.8cm)のスケッチブックに描かれた水彩画はのべ3万枚を超えます。
水彩画のイメージを基にし、3Dモデリングツールによってスタディされ、模型が制作され、またスケッチに戻る。
原初的なアプローチと最先端デジタルツールの双方を駆使し、
検討を繰り返すというプロセスからホール独自の建築が生み出されてきました。
この展覧会では、上海展から追加された6作品を含め、ホールの近作17作品を中心に、
100点を超えるドローイングのほか、スタディ模型、プレゼンテーション模型、建築図面や映像など、のべ150点が日本初展示されます。
模型とドローイングによるスタディを繰り返し、
ホールがどのようにアイデアから実作に進めていくかのメイキング(プロセス)を垣間見ることができます。
『Making Architecture』、建築をつくる、そのシンプルかつ信念に溢れるホールの手法と、
建築家がこだわり続ける創作の姿勢を是非ご覧ください。

【本展の見どころ】
■世界的建築家スティーブン・ホールの13年ぶりの日本での個展
■ホールが建築(作品)を作り上げるまでのメイキング(プロセス)を余すところなく展示
■巡回展終了後にホール自身の財団に収蔵される予定の展示品が日本で見られる貴重な機会
■毎朝描かれる3万枚の水彩画から選び抜かれた約100枚を大公開
■様々な設計プロセスの各段階において作られた精巧な模型
■ホール自身が解説する建築ムービーを含む、貴重な映像

企画・主催
寺田倉庫 建築倉庫ミュージアム

協力
明治大学理工学部建築学科

企画協力
田中友章(明治大学/フォルムス)

企画協力、グラフィックデザイン
litaartisan LLC.

【建築家 スティーブン・ホールについて】
1947年アメリカ・ワシントン生まれ(72歳)。
受賞歴:AIAゴールドメダル/2012、高松宮殿下記念世界文化賞/2014 他
代表作品:ヘルシンキの『キアズマ現代美術館』/1998、『MITシモンズ・ホール(学生寮)』/2002、
『リンクト・ハイブリッド』/2009 など他多数。
日本ではギャラリー間での個展/2006、GA Galleryでのグループ展/2008、
高松宮殿下記念世界文化賞/2014 以来の展覧会、講演会となる。
国内で手がけた建築は、ネクサスワールド:福岡/1991、幕張ベイタウン・パティオス11番街:千葉/1996。
1981年よりコロンビア大学で教鞭をとりながら、現在 NYと北京に事務所を構え、
NYにて自身の財団 Steven Myron Holl Foundationを設立。

【本展図録を販売中です。】

建築倉庫ミュージアム内のショップでは、本展図録を販売しております。
『STEVEN HOLL : MAKING ARCHITECTURE』
言語:英語
価格:3,300円(税込)

Steven Holl, Abstraction for the Institute for Contemporary Art, Virginia Commonwealth University

Steven Holl, Presentation Model, Qingdao Culture and Art Center

Steven Holl, Yin Yang, Tianjin Ecocity, Ecology and Planning Museum

EVENT